玉島観光文化振興会 会長 虫明徳二のページ

住所 岡山県倉敷市玉島中央町1-16-25 玉島観光文化振興会会長 虫明徳二
TEL 086-522-2326
FAX 086-522-2336
携帯 090-3881-4411
玉島地区のイベント情報(虫明徳二のブログ)
玉島のまつりとイベント情報 「交通アクセスのご案内」
「玉島」ぶらり旅のご案内 「玉島トピックス」
「玉島の玉」 「玉島港と水島港について」
「玉島のお土産」 「玉島の紡績業」
「備中玉島へようこそ」 「玉島区裁判所」
「新倉敷駅 (旧玉島駅)」 「良寛さまの書」
学問の神様(玉島天神祭) 「玉島のさくらだより」

玉島観光文化振興会について

玉島観光文化振興会は岡山県の指導により県民総ガイド運動に協力し玉島商工会議所と玉島文化協会を母体に平成5年12月5日に発足しました。

玉島へ訪れる観光客の皆様を温かく迎え、玉島での思い出づくりのお手伝いをするため、観光案内業務を行っています。

事業として研修会を毎月開催しており、ガイドマップの作成や案内板の建立等を行っている。

玉島には世界的に有名な清貧に徹した「良寛さま修行の地」曹洞宗名刹円通寺をはじめ平成7年9月岡山県町並保存地区に指定された町並玉島は備中松山城水谷公三代の干拓により完成した外港で、徳川時代に千石船の交易で西の浪華といわれたほど繁栄した。

玉島港に並ぶ蔵の通り新町、仲買町、矢出町、の町並が当時のまま保存されており、また岡山藩に包囲された玉島事変では西爽亭で切腹し150名の将兵と玉島を戦火から守った熊田恰(あたか)自刃の間が今でも保存されております。

また江戸時代に全国から訪れた文人墨客の遺墨が一般公開されている玉美人記念館も見どころです。

ぜひ一度ご来玉をお待ち致しております。

交通のご案内

新幹線は新倉敷駅下車、中央町行バス10分で町並に入ります。
玉島町並保存地区へ1分。
車の場合は山陽自動車道玉島インターチェンジより15分で円通寺駐車場へ。
大型バス10台、乗用車300台駐車可(無料)。

お問い合せは

連絡先 電話
玉島歴史民俗海洋資料館 086-526-7523
玉島商工会議所 086ー526ー0131
円通寺展望休憩所 086ー525ー1991

ガイド名
玉島観光文化振興会
代表者名
虫明 徳二
問合わせ先
〒713-8122 倉敷市玉島中央町1-16-25 玉島観光文化振興会
設立記念日
平成5年12月5日
電話
086-522-2326
FAX
086-522-2336
対応時間
受け付け(月曜から土曜までAM8:00〜PM5:00)
ご案内(年中無休・時間帯も受付時ご相談ください)
ガイド数
32人
会員の概要
平均年齢 60歳(男性63歳 女性56歳)
最高年齢 75歳(男性75歳 女性71歳)
男女比率 男性80% 女性20%
有職比率 男性30% 女性10%
組織設立
の経緯
玉島文化協会と玉島商工会議所の母体で発足し玉島へ観光に来られた方を
温かく迎えるため岡山県の提唱している県民総ガイド運動に協賛して設立された。
会の特徴
県内振興局で3番目に組織
まちづくりや案内板の設置など地域活動の研究
活動実績
(過去3年間)
毎月研修講座を開いており、一般公開で会員以外でも参加できます。
平成9年度岡山県観光連盟より優秀団体として表彰される。
7年度248組 8年度392組 9年度413組
申込方法
電話又はFAXか手紙いずれでもよい
資料館 086-522-7523
玉島商工会議所 086-526-0131 FAX 086-525-0230
円通寺展望休憩所 086-525-1991
円通寺 086-522-2444
良寛荘 086-522-5291 FAX 086-522-8048
西爽亭 086-522-0151
申込次期
受け付け(月曜から土曜までAM8:00〜PM5:00)
案内対象
制限なし(1人〜)
案内時間
玉島での滞在時間をお知らせ下さい。
料金
無料 ただし昼食代等は利用者負担

モ デ ル コ ー ス ・ 主 要 案 内 先 説 明
〔モデルコース〕(徒歩で2時間)
●玉島歴史民俗海洋資料館→円通寺→新町界隈→玉島町並保存地区散策(新町・仲置町・矢出町)
〔主要案内先説明〕
●玉島歴史民俗海洋資料館 玉島港に因んだ停泊灯などの海洋資料を展示
●円通寺 良寛和尚が青年時代に18年間修行された曹洞宗の名刹で、本堂、
座禅堂の他石庭がある。春と秋には良寛茶会や良寛まつりなどの行事もある。
●新町界隈 江戸時代に瀬戸内海きっての港町として栄えた玉島港の中心にあり、当時の面影が色濃く残っている。
近年始まった「へそまつり」は新しいイベントとして、中国地方全域にその名前が知られつつある。
岡山県指定玉島町並保存地区には徳川時代中期の蔵や茶室が保存されている。
●西爽亭 天明年間の建築といわれ、備中松山城主板倉勝静の玉島巡回の際の本陣で当時のまま保存されている。
熊田恰が自刃し、幕末の玉島事変から玉島を救った維新の悲壮な史跡としてそのまま遺している。
〔ガイドから一言〕
江戸時代から備中一の港町として玉島は栄えた歴史があります。ぜひお出でください。「物から心へ」と時代が移りつつある今日、無欲に生きた良寛さんについて、玉島で思いをこらすのも大切ではないでしょうか。

良寛コース
玉島地区情報へ戻る 玉島地区・企業・店舗・紹介へ
インターネット倉敷のホームページへ 戻る