良寛修行の寺・曹洞宗 円通寺
良寛和尚のページ

聖僧 良寛修行の寺 曹洞宗 円通寺全景

良寛略年譜
年 号
西 暦
良寛年齢
事     蹟
宝暦8
1758
12月出雲崎の山本以南、秀子の長男として誕生 幼名は栄蔵  
明和5 1768
11
大森子陽の塾に入る
安永2 1773
16
元服、名を文孝、通称を新左衛門と名乗り、名主見習い役となる
  4 1775
18
7月 尼瀬の光照寺にて破了和尚について剃髪
  8 1779
22
国仙和尚について光照寺より出家得度し十月末円通寺に安居
法号貞観を良寛と改める。
寛政2 1790
33
冬国仙より印可証明の偈をうく
  3 1791
34
3月18日国仙示寂、間もなく玄透入山6年に竜穏寺
翌年永平寺に昇任
  7 1795
38
7月父以南没す、中陰の法要に列し、帰国す
  9 1797
40
国上山五合庵にあり
享和2 1802
45
寺泊照明寺に仮寓す
 3 1803
46
本覚院或いは野積の西生寺
文化1 1804
47
五合庵に入る
  13 1816
59
乙子視畔に移る
文政9 1826
69
島崎木村家別舎に入る
文政10 1827
70
貞心尼福島の●魔堂へ移る、島崎へ貞心尼が訪れ発会する
文政11 1828
71
11月12日 三条に大地震
文政12 1829
72
貞心尼が二度の来訪
天保1 1830
73
夏、与板の山田家で貞心尼と会う、この頃より床に伏す。
冬、貞心尼・弟 由之が看病の為島崎へ
天保2 1831
74
正月4日 由之二度島崎へ、6日示寂 8日 葬式
明治5 1872
 
貞心尼 柏崎にて死去 75歳



円通寺についてのお問い合せは下記へお気軽にどうぞ
  住    所   〒713-8123 岡山県倉敷市玉島柏島451  
  住    職   仁保 哲明
  T  E  L   086ー522ー2444